• YA TSUBAKI

両立支援コーディネーター事例検討会に参加しました。

本日は、栃木県産業保健総合支援センター主催の【両立支援コーディネーター事例検討会】にファシリテーターを兼ねて参加しました。


両立支援とは「治療」と「仕事」の両立を支援する手立てを考えるものです。

がん・生活習慣病・メンタルヘルスなど、様々病気を抱えながら働く事を希望する方と、雇用する企業とを繋ぐ役割を担います。


この取り組みには診療報酬の加算もついていますが、栃木県にはこのコーディネーター研修修了者はまだ100名足らずとの事。

医療・福祉の相談職の方々、企業の人事総務の方々など、様々な方が研修を受講しています。

ご興味ございましたら、以下ご覧下さい。 https://www.johas.go.jp/ryoritsum.../tabid/1013/Default.aspx




閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

来年度からの第3期下野市地域福祉計画の素案ができました。 これまで計画の中で、 「認知症や障がいについて〝理解の促進”」 という項目がありました。今も方々で使われている文言かと思います。 しかし地域に委ねる印象もある文言であり、今後の地域福祉を考えると「一緒に学び考えましょう」といった、学びの場が地域市民に身近になるようなニュアンスが大切では、と策定会議の中で意見させてもらいました。 すると下野市