top of page
  • 執筆者の写真YA TSUBAKI

令和4年度障害者雇用の状況が公表されました【栃木県】

令和4年度の障害者雇用の状況が公表されました。

【栃木県】

【全国】


全国的にも企業で働く障害者数は過去最高を示しており、特に栃木県では以下のような特徴が見られました。

●従業員100名未満の企業での実雇用率が大きく上昇(栃木2.48%、全国1.84%)

●従業員1000名以上の企業での雇用率達成企業割合が大きく上昇(栃木84.6%、全国62.1%)

●結果、雇用率達成企業割合が上昇(栃木2.4%増、全国1.3%増)


もちろん質的に一つ一つの事例を丁寧に見ていく必要がありますが、障害のある方が企業で働く事例が広がっている事は確かです。

障害のある方・一緒に働く方とも、良い働き方が広まる事を期待し、私達も引き続き障害者就労・雇用に強い地域づくりに尽力していきたいと思います。

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

栃木県より令和5(2023)年度就労移行・定着支援機能強化事業を受託致しました。

昨年度に続き、栃木県事業・R5年度就労移行・定着支援機能強化事業を当法人にて運営させていただく事になりました。 県内の就労系障害福祉サービス事業者を対象とした、一般就労移行や就職後定着支援に関する研修・コンサルティングの企画運営を行います。 今年度は県内外の様々な就労支援の取組を共有し、県内地域事情に合った就労支援の形を就労支援従事者の方々と模索していきたいと思います。 関係する皆々様、何卒よろし

Comments


bottom of page