top of page
  • 執筆者の写真YA TSUBAKI

栃木県HPに就労支援機能強化に関する取組事例集が掲載されました。

昨年度、当法人で運営致しました栃木県主催【R4年度就労移行・定着支援機能強化事業】について、取組内容が栃木県HPにて紹介されています。

栃木県内の就労支援事業所とコンサルタント陣が協働し、より良い支援に向けた協議・事業所内研修・他事業所や企業への見学訪問等を実施しました。

取組の中から実際に障害者雇用も生まれ、活発な協議・実践が展開されました。

こちらでは、その取組についてテーマ別に紹介しています。

就労支援に携わる皆様の日々の支援・これからの支援の参考となれば幸いです。

詳細はコチラ▽


(実施したテーマ)

1.アセスメントについて学びたい

2.事業所職員の就労支援スキル向上を図りたい

3.事業所内プログラムの在り方を考えたい

4.事業所の在り方、支援の進め方について考えたい

5.企業の視点、企業との関わり方を知りたい

6.就労支援事業所間のネットワークを作りたい


(担当コンサルタント)

・前原和明(秋田大学教育文化学部准教授)

・野崎智仁(国際医療福祉大学保健医療学部講師)

・木村亜優(株式会社ホンダテクノフォート障害者支援担当者)

・加藤公一(内閣官房内閣総務官室上席障害者雇用専門支援員)

・津野田尚範(一般社団法人ソーシャルファーム栃木理事)

・山口理貴(一般社団法人Bridge代表理事)



閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示

栃木県より令和6(2024)年度就労支援地域ネットワーク推進事業を受託致しました。

栃木県事業・R6年度就労支援地域ネットワーク推進事業を当法人にて運営させていただく事になりました。 昨年までの「就労移行・定着支援機能強化事業」では県内の就労支援事業所を対象とした、一般就労移行や就職後定着支援に関する研修・コンサルティングを実施致しました。 今年度は、昨今の障害者雇用の高まりを受け、研修の対象を企業・教育・医療・行政等にも広げ、県内各地域の就労支援ネットワーク構築・強化を図る事業

Komentar


bottom of page