• YA TSUBAKI

職業的アセスメントハンドブックについて一部執筆しました。

就労系障害福祉サービスにおける職業的アセスメントハンドブックが、厚生労働省HPに掲載されました。

本ハンドブックは、厚労省の研究費を受け、秋田大学・前原和明先生を代表とした研究チームで作成されたものです。 Bridgeとして【働く「場」を支援する】というコラムを寄稿させていただきました。


職業的アセスメントは、障害のある方が、各々の働く場において、安定して働き続けることができるために重要な役割を果たします。 その考え方や視点がまとめられています。

就労支援に、ぜひご活用下さい。


職業的アセスメントハンドブック(PDF) https://www.mhlw.go.jp/content/12200000/000822240.pdf


↓厚労省HPより(下の方にあります)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/service/shurou.html




閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

来年度からの第3期下野市地域福祉計画の素案ができました。 これまで計画の中で、 「認知症や障がいについて〝理解の促進”」 という項目がありました。今も方々で使われている文言かと思います。 しかし地域に委ねる印象もある文言であり、今後の地域福祉を考えると「一緒に学び考えましょう」といった、学びの場が地域市民に身近になるようなニュアンスが大切では、と策定会議の中で意見させてもらいました。 すると下野市